電卓を叩く指

ピアノの運送

動きを固定させるための道具

引っ越し含めた移動を頻繁にさせるタイプのピアノと言うのは、足元にキャスターが付いているものが主流となっています。これは一見すると使い勝手が良く、便利であると認識されています。ところが、よく見るとデメリットとなる面もあります。それは、子どもが勝手に動かしてしまったり、地震が起きた時に危険物になってしまうと言う部分です。学校などでもピアノは頻繁に使われていますが、子ども達が勝手に触ってしまう事はないとは言い切れません。場所がずれると調整する手間が掛かる事もあるため、移動を防ぐストッパーのような役割を果たす部品が販売されています。これは近年になって引っ越し時にも出回るようになってきていて、ピアノシュレーターとして親しまれています。

ピアノの種類や状況を伝える

ピアノを引っ越し等で動かしたいのであれば、まずは業者に問い合わせる際に状況を整理する必要があります。慌てて電話を掛けるのではなくて、ピアノの種類や大きさ、それから移動する距離と場所について整理しておきましょう。場合によっては大掛かりな作業となるため、必要な道具が違ってくるからです。スムーズなやり取りを実現させるために、自ら率先して協力していく姿勢が大切になります。詳細な内容をお互いに情報共有したら、後は引っ越し等で動かす際に掛かる料金を見積ってもらいます。そこで自身が同意出来れば契約完了となり、作業が開始されます。作業のスピードは業者によって様々ですが、何よりも大切に扱って欲しいアイテムですから、丁寧さも重視して慎重に会社を判断して下さい。